フライマンはタイイングしてフライに思いを込める。
そのせいかこのフライは釣れる!っと、断言するのが多い感じがする。
いろんなタイプがあり、フライにこだわるタイプ、フライは見えればいいタイプ
フライはなんでもいいタイプ、
それぞれに経験や観察に基づいた結果だろう。そのこだわりがフライフィッシングのたのしみでもあろう。
 自分はフライはなんでいいタイプ、一投目で釣れるのを目標にしているが、ミスキャストもあるので三回まで流す、魚が見えて釣りたい魚なら、フライを変えたりするがあまりよい結果が出なかった。
その時間に大物が出ていたら、大物の浮く時間帯なのでポイントを移動し狙う、それだけ多く大物はいるものです、釣れるのは氷山の一角だと思っています。
先行者やらでその場を動かれなかった場合は、サイズを変えたりするが、絶対の釣りたかったらフライサイズを変えるのと同時にティペットもサイズダウンするのを忘れてはいけない、ほとんどのフライマンはティペットを忘れている、ティペットは長ければいいものではなく、自然にフライを流すためにどのくらいにするのか、そして自分のキャスティング能力では、どの長さ、細さが妥当か、自分の物差しで調整するのが、ベスト。そのほか立ち位置やらラインの落とす位置やら、細かいことはありますが。
それらが合っていないと結果にはなかなかつながらないものです。
 普通cdcの小さいのを使ってしまう、万人が釣れると信じているフライである。
はじめてcdc(クックデカナール)カモの尻毛と訳され、私はカモの尻の穴をのぞき込み指を突っ込み、さんざんカモを犯した、しかしカモの油の出す場所だと知り、ナチュラルCDCを手に入れたのだった。

このCDCはなぜ釣れるのか、誰に聞いても浮力がいい、油がキラキラ光るとか答えは返ってこない。
そんな理由でこのマテリアルは王座についている。
 釣れるマテリアルには共通の匂いがかある。みんなはフライを巻くと、リアルだーとか本物っポイとか言って納得している、私には本物のメイフライと巻いたメイフライは絶対似ていない、フライマンの大きな勘違いだ、似ていないのに釣れるから面白いのだろうし、きれいに巻けたから似てるといいきかしている。僕はそうです・・
釣れるフライはみんな臭い、ニンフの釣りも必要と思い、餌釣りをしていたころを思いだした、川虫ののなかでもこれは釣れる川虫だと言われ、川から探し針をさした、その虫は、ゲッ!
臭かった、思えばミミズも鉢巻きに針をさす、それは臭いにおいがそこにあるからだ。
ミミズフライを作って使ったが釣れた試しがない、
では、匂いとは。
昔から日本古来の漁でイタチシッポ(だとおもったです)を使って隠れている魚を追い出す漁でがあり、嫌な匂いですっとんで逃げて網に捕られる。
それでは、魚に好まれる匂いとは。
餌の釣りでイクラを潰して白い汁を流せば魚が狂う。それから暴釣、ミミズは鳥取の有機栽培の、などといろいろ諸説〆
この辺で、釣れる毛とは
 ニンフならハーズイアー、耳の中の臭いとこ。
タイイングでは、耳の周りの短いのをムシリ、長い毛を混ぜて巻きやすくする、ハーズマスクは臭い、NZではウサギが多すぎミミだけを使っていた。
染め物は油を落とすから皮付きがいい、皮から油を吸う。
ウェットはカラス、ボディはシールスファー、ストリーマーならポーラーベアー、バックテール、天然は匂う。
サーモンフライはー長くなるので止める。
ドライフライはミッジにヒーロン、天然エルク、ボディ材はRIR、ハックルはスキンの油を吸うのがいいが、カビたり虫が着くから嫌われる。
こんな感じで参考になれば。

ケルソン様は偉大なサーモンフライタイヤーだがタイイングもしかり、釣りのテクニックも完璧だった。らしい。
釣りのうまい人は文集が苦手。
キャストが得意は釣りが今一。
素晴らしく綺麗なフライボックスは釣りが下手。
これ業界の常識らしい。
よう注意。