フライフィシングの面白い所は沢山あるだろう

このフライが釣れるぞ!そう信じて無心に竿を振る

釣れないとフライのせいにする

フライが悪い、そんなフライを巻いた自分んがもっと悪いんだ

そうか、いま気がついた


渓流魚には手がないので何でも口で噛んで判断する

噛んでペッと出す、一緒に飲んだ水はエラから出す

ニンフだったらあたりが出る瞬間だ

ドライならどうだろ

ピシャッと出たらドラグがかかってる

魚が警戒して食べてるんだ

ドラグフリーで流れてるとフライが水面から消える

魚が吸い込んだ瞬間だ、水と一緒に吸い込み水はエラから出す

いつもそうなるフライの流しかたに気をつけているが難しい


まずは流れをジックリみて、どこに立つか、

大物になると立った瞬間

、、、ここからだと投げれないじゃん、、、、

そんな場所にいるものだ、キャストだな練習不足だった、しまった!なんてね

川に入らないで投げれたら理想的だが

ビギナーズラックは突拍子も無いことをするから釣れる

そこにヒントが隠れている観察するのは魚でわなく初心者かも


釣れるフライは存在するのか。

針が付いてれば何でも釣れるさ、と教えられた


魚はなんでも食う、タバコのフィルターまで食ってる

そう教えられた、今は全くその通り

何でも釣れる、とても虫に似ているとは思えないフライで皆釣りをしている

そのフライを食べた魚に多大なる感謝を